(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療

「ストリッピング手術」が今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く治療法として主流だったのです。
しかし1?2週間の入院が必要になったり、傷跡が残ることもあり患者の負担も高いという欠点があったのです。
足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことを静脈瘤と呼ばれています。
静脈内に血液がどんどんと溜まってしまうことによって発症することになります。

 

レーザーを使った静脈瘤の治療法が最近急速に普及してきています。
局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、レーザー治療でしたら痛みや傷跡がほとんど残らないので安心です。



(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療ブログ:18/11/09

減量を成功させるには、
トレーニングすることが必要不可欠です。

トレーニングをして、筋肉をつけることによって、
消費カロリーを増やす必要があるからです。

トレーニングで筋肉を増やしたり、
筋肉の量を維持するためには、筋トレを行う必要があります。

皆さんは、
筋トレを行うときに順番があるのをご存知でしょうか?

筋トレの順番を守ると…
より高い減量効果を得ることができるようになり、
また継続的にトレーニングを続けることができるようになるという
メリットもあるんですよ。

筋トレを行う場合には、
腹筋や背筋、太ももの筋肉といった、比較的筋肉自体が大きい部位から
トレーニングを始めるのが良いとされています。

逆に、うでの筋肉など、
比較的筋肉が小さい部位からを始めたとすると…

筋肉は小さいほうが疲労を感じるのが早いので、
じっくりとトレーニングすることができなくなってしまいます。

さらに筋肉が疲れるということは、
怪我をしやすくなるというリスクにつながります。

大きな筋肉からスタートすることによって、
比較的長時間でも継続してトレーニングをすることができるのです。

また大きな筋肉を動かすことは、
周囲の筋肉への刺激にもなりますので、
より広い範囲の筋肉を動かすことができます。

すると、
より消費されるエネルギーも大きくなり、
減量効果を期待することができるわけです。

また先ほども言いましたが、
より長時間みっちりとトレーニングすることができるんです。

ですから
より効率的に筋トレを行うことになり、
それだけ減量効果も期待できるのです!

・・・と、書いてみるテスト